太陽光発電所を名古屋に建設する

名古屋市は、住民への環境への関心を高めるために、また、昨今続いている電力不足を解消するために大規模太陽光発電所の建設を進めています。その計画としては、名古屋市が所有する空いた土地を電力事業を行う企業に貸し付けたり売却を行うものとされています。
大規模太陽光発電所が建設されれば、安定した電力を供給することができるようになります。さらに、通常の火力発電などでは二酸化炭素が発生するものの太陽光発電では二酸化炭素が発生しないため、空気の状態もクリーンに保つことができます。
また、地震などにより停電が起こった場合には、蓄えておいた電力を利用することができるため名古屋市周辺の住民への災害対策としての利用方法も見込めます。