新しい食品流通のインフラを創生する企業

株式会社いずみホールディングスは、食品流通のOSを作るという目標を実現するために日夜努力を重ねています。
それは、食品流通の世界において新しいインフラを構築して、世界中に豊かさを届けるためです。
実は、世界の食品流通には無駄が多いと言われており、それがフードロスの原因の一因という説もあるくらいです。

そのため、このインフラを最適化することによって、大きく世界が発展する可能性も秘めています。
株式会社いずみホールディングスの考えでは、生産者の所得が1.5倍に、日本の食卓の食費が半分に下がる見込みだとされています。

もちろん、このような考えを実現化させるには並大抵の努力では達成できません。
そもそも、食品流通の世界は卸売業、物流業、プラットフォーム業などの様々な事業が関係して出来上がっています。
そのため、株式会社いずみホールディングスでは水産卸売事業・畜産卸売事業・農産卸売事業・物流事業・プラットフォーム事業の5事業を展開して、それらがスムーズに連携するのを手助けしているのです。

株式会社いずみホールディングスのプレスリリース: Cube ニュース