安定的な融資スタイルがある不動産担保ローン

不動産担保ローンは、現在所有されている不動産を担保として金融機関に提供することで、まとまった金額の融資を行って貰える点です。
個人融資は無担保や保証人を不要としますが、その分どうしても融資できる上限額がそれなりに低くなってしまいます。
審査についても個人融資の場合では、場合によっては厳しい審査になりがちですが、不動産担保ローンでは不動産に担保権を設定する形になるため、不動産の担保力を重要視して、一般的な個人融資よりも融資する側としては貸しやすいのも特徴的です。
融資額の上限は不動産評価額の7割程度が上限となりますが、融資希望者の希望額に合せることもできます。
しかも無担保ローンよりも低金利を実現していることもあり、まとまった融資を受ける方にとってもお得な場合も多いです。
なお不動産担保ローンの魅力は、それだけでなく自分が所有していない第三者の不動産に対してローンを組むことができる点もあります。
例えば自分自身は不動産を所有していなくても、親や兄弟などが不動産を所有していたりすれば、相談の上、ローン契約を締結することも可能です。
融資の目的自体も教育資金やリフォーム資金、医療費など様々な目的で自由に融資を受けることもできます。
この様に安定的な融資スタイルが確立することで、不動産を所有される方はまとまった融資を検討する上でも選択されることが多いローンの一つです。